がんの「代替医療」、標準治療より死亡率高い 米研究
2017-08-19

がんの「代替医療」、標準治療より死亡率高い 米研究
8/19(土) 12:19配信 AFP=時事

【AFP=時事】代替医療を選択したがん患者の死亡率は、
標準治療を選択した患者より最大で5倍程度高くなるとする研究結果を、
米エール大学医学大学院(Yale University School of Medicine)の
スカイラー・ジョンソン(Skyler Johnson)氏らの研究チームが発表した。

18日にAFPの取材に応じたジョンソン氏によると、研究チームは
米国で最も一般的な4種類のがん──乳がん、前立腺がん、肺がん、結腸がん──と診断され、
効果が証明されていない代替医療を1種類以上受けることを選択した患者281人を抽出した。

研究チームは上記患者らの治療後の健康状態を別のがん患者560人と比較した。
その際には年齢や人種、その他の健康要因も考慮した。

平均すると、代替医療を選択した患者の診断後5年以内の死亡率は、通常医療を選択した患者の2.5倍以上だった。
ジョンソン氏はAFPに対し「いくつかの理由から、私はこの数字は実際より小さくなっていると考えている」と述べた。

まず、このデータは初期の治療しかカバーしていない。
つまり代替医療を最初に選択した患者の中には、がんが進行する中で標準治療に移行し、
そのおかげで生存期間が延びた人もいるかもしれない。

また、代替医療を選択する患者は標準治療を選択する患者よりも
健康で、若く、収入と学歴が高い傾向があり、
このことによって生存率が高まっている可能性もあるという。

ジョンソン氏は、患者たちは代替医療に難色を示しがちな医師には正直に話したがらない傾向もあり、
代替医療を選択した患者の正確な人数は分からないが、
現在提供されているがんの代替医療をすべて合わせると、
数十億ドル(数千億円)規模のビジネスになっているのではないかと述べた。

【翻訳編集】 AFPBB News

戻る